事故の治療費は?

交通事故での治療費の支払いなどどうしたらいいのか分からない、理解していないことが多いと思います。
交通事故で病院に搬送された場合、治療費は最終的に加害者(保険会社など)が負担するべきものです。しかし病院側は診察を受けた被害者に対して請求することもできます。
つまり被害者は病院から支払いを求められた場合、拒否が出来ません。
なので、「自分は被害者で支払いについては、加害者の保険会社に直接請求してほしい」ということを病院側に相談してみることをお勧めします。
病院によっては対応してくれないところもあります。
そのような場合は、加害者が立て替えてくれない限り、被害者が一旦払うしかありません。
その時は必ず領収書の保管、そして自分の健康保険をつかうようにしましょう。
健康保険を使う場合、被害者に過失があるということが挙げられます。過失がある場合それに相当する部分については被害者負担となります(被害者の過失が1割であれば治療費の10%を被害者が負担)。ですが同じ10%でも、健康保険を使う場合と自由診療の場合、単価が異なるので、同じ治療を受けていても自由診療の方が高くなってしまします。
よって、健康保険を使った方が治療費を抑えることができ、最終的に擬古負担額も抑えることができます。(ただし、人身傷害に加入していれば自己負担額は自分の保健から支払われます)。
治療費を被害者が立て替えている場合、健康保険を使えば3割負担で済むというメリットがあります。

千代田区・平河町にある、麹町鍼灸整骨院では、交通事故でのケガの治療を行っております

麹町鍼灸整骨院

〒102-0093東京都千代田区平河町1-4-15 VORT麹町1F