肩こりにトリガーポイント

こんにちは、本日は肩こりについてお伝えいたします。

肩こりは日本人に多いと言われております。
先ず肩こりは日本人に多いと言われることもあるぐらい日本人(アジア人)にとっては国民的な症状の一つです。
欧米人に少ないと言われる所以としては、日本人よりも欧米人の方が背骨のS字の湾曲がしっかりとしています。
頭の重さを上手くS字のクッションが逃しているため、首・肩周りの筋肉に負担がかかりにくく、固まりにくい状態となっていることが肩こりが少ないと言われています。

働き過ぎと言われる日本人だからこそ、なかなか運動する時間を作ることは難しくなってきています。
運動不足になると肩周りの筋肉の可動域が小さくなり血流が悪くなり、常に同じ姿勢でいる時間が長いと筋肉が過度の緊張状態となり、筋肉の間を通る血管を圧迫し、更に血流が悪くなります。
そして、血液によって運ばれる酸素の量が少なくなると、酸素を栄養としている筋肉に栄養が行かず、より固くなり、こりと呼ばれる筋肉の硬結ができてしまいます。
この硬結がトリガーポイントと呼ばれています!

読書やデスクワークなどを長時間続けた場合や、老眼やドライアイ、コンタクトや眼鏡が合っていない場合、過労や睡眠不足、ストレスなどによって引き起こる眼精疲労ですが、その眼精疲労が原因で起こる肩こりもあり、同様に肩こりが原因で目の方に行く血管が圧迫され、十分な酸素が送られずに起こる眼精疲労もあります。

千代田区・平河町にある、麹町鍼灸整骨院で一度トリガーポイントの治療を受けてみませんか?

麹町鍼灸整骨院

〒102-0093東京都千代田区平河町1-4-15 VORT麹町1F